スペーシアカスタムに最適なタイヤは?ホイールサイズと一緒に教えて!

くつろげる空間を提供してくれるスペーシアカスタム。その快適さは、車を支えるタイヤがあってこそ作られているといえます。

車に合ったタイヤじゃないと、運転するときに不安でくつろぐどころじゃありませんからね。

でも、ベストなタイヤの選び方がわからない、という方も中にはいるのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は車に合ったタイヤの選び方と、スペーシアカスタムにおすすめのタイヤ&ホイールをご紹介します。

 

最適なタイヤの選び方

自分の車にぴったりのタイヤは、どうやって見つければいいのでしょうか?

まずはタイヤを探す際のポイントを、いくつかご紹介します!

車種から選ぶ

同じサイズのタイヤでも、車種によって種類が異なる場合があります。

異なる車種のタイヤをつけると、タイヤの摩耗が早くなったり、乗り心地が悪くなったりといったことが起こります。

タイヤを選ぶときは、必ず車種に合ったものを選ぶようにしましょう。

性能から選ぶ

一口にタイヤといっても、さまざまな種類があります。

たとえば、下のようなタイヤです。

  • 雪道の走行が得意なタイヤ
  • 濡れた地面の走行が得意なタイヤ
  • 燃費を抑えるタイヤ
  • 摩耗に強くて長持ちするタイヤ
美緒(みお)
タイヤなんてみんな同じだと思ってたけど、いろんな種類があるのね。

タイヤを選ぶ際は、どんな性能を持っているのか注意してみるようにしましょう。

雪が降ることの多い地域なら雪道を走りやすいタイヤ、タイヤ交換のコストを抑えたいなら摩耗に強い、もしくは低燃費なタイヤのように、目的に合わせて選ぶように心がけるといいですね。

美緒(みお)
雪がほとんど降らない地域なのに雪用のタイヤを買っても、意味がないものね。

サイズから選ぶ

タイヤの大きさも、選ぶ際の大きなポイントです。

タイヤのサイズは、サイドウォール(タイヤの側面)に記載されています。

タイヤサイズは次のように記載されており、それぞれ意味があります。

  1. タイヤ幅
  2. 偏平率
  3. ラジアル構造
  4. ホイールサイズ
  5. ロードインデックス
  6. 速度記号
美緒(みお)
タイヤ幅とかホイールサイズはなんとなくわかるけど、扁平率とかラジアル構造って……?

一つずつ見ていきましょう。

偏平率

偏平率は、タイヤの断面幅に対する断面の高さの比率を表します。

偏平率を求める式
偏平率(%) = 断面高さ / 断面幅 × 100

偏平率が低いと車の足元に引き締まった印象を持たせることができ、偏平率が高いと地面からの衝撃を吸収しやすくなるため乗り心地がよくなります。

美緒(みお)
タイヤのゴム部分の厚さを示していると思っておけばいいのね。

ラジアル構造

ラジアル構造とは、カーカスコードの配列が直角になっている構造を指します。

カーカスコードとは?
タイヤの骨格のこと。重さや衝撃を耐えるためのパーツ。

ほとんどの乗用車タイヤは、このラジアル構造が採用されています。

美緒(みお)
うーん、よくわからないわ。
慶介(けいすけ)
タイヤを選ぶときに重要というわけではないから、無理に理解しようとしなくても大丈夫だよ。

とりあえず、「あー、タイヤの骨格が直角なんだなー」くらいに覚えておきましょう。

ロードインデックス

ロードインデックスはタイヤの負荷能力のことで、荷重指数と呼ぶこともあります。

タイヤ1つでどのくらいの重さまで耐えられるかを表しており、数値が高いほど重さに耐える能力が高いといえます。

速度記号

速度記号は、タイヤが対応できる最高速度を表す記号です。

対応する記号と速度の一例を、下の表にまとめました。

最高速度が高いほどタイヤの側面が強い構造になっており、高性能のスポーツタイプの輸入車などによく利用されます。

慶介(けいすけ)
乗用車であれば、あまり気にする必要はないよ。
美緒(みお)
そんなにスピードを出さないものね。

用語の解説はこれくらいにして、サイズ選びに話を戻しましょうか。

美緒(みお)
タイヤを選ぶときは、今ついているものと同じサイズのものを選んでおけばいいのかしら?

安全なサイズの選び方をするならそれがベストですね。

インチアップを考えている方は、下の動画を参考にタイヤを選んでみてください。

インチアップをするうえでのタイヤ選びのポイントは、以下の通りです。

  • タイヤの外径はほぼ同じものを選ぶ。
  • タイヤ幅は車体との接触をしないもの、はみ出し装着にならないものを選ぶ。
  • ロードインデックスが同等以上になるものを選ぶ。

 

インチアップをすると走行が安定したり足元が引き締まってスタイリッシュに見えたりなどのメリットがありますが、走行音が大きくなったり乗り心地が悪くなったりなどのデメリットもあります。

メリット・デメリットをよく理解したうえで、インチアップするかどうかを吟味しましょう。

 

スペーシアカスタムにおすすめのタイヤ

引用:スズキ公式HP

スペーシアカスタムにぴったりのタイヤとは、どんなものなのでしょうか?

今回はおすすめのタイヤとホイールをセットでご紹介します!

スペーシアカスタムにおすすめのサマータイヤ

サマータイヤは、国内の新車のほとんどに標準的に装備されているタイヤのことです。

「サマー」とついていますが、夏に限らず一年中使えるタイヤを指します。

スペーシアカスタムにつけるサマータイヤを選ぶなら、下のようなタイヤ&ホイールセットはいかがでしょう?

株式会社ブリヂストンが2017年に発売したタイヤ・ECOPIA(エコピア)です。

安定した安全性や乗り心地のよさを提供しつつ、低燃費で長く使えるのが魅力的なタイヤです。

タイヤをつける際のバランス調整、空気充填補充後に出荷してくれるので、届いたらすぐに車に取り付けることができます!

ホイールサイズは、4.5J × 15インチ + 45 となっています。

美緒(みお)
ホイールサイズとか言われても、よくわからないわ。

それでは、ホイールサイズの見方をさらっと解説しますね。

ホイールサイズの見方

上のようなホイールサイズの式は、このような意味があります。

  1. タイヤがはまる部分(リム)の幅
  2. フランジ形状
  3. ホイールの直径
  4. ホイールの中心線から取付面までの距離(インセット)

 

フランジ形状とは、タイヤとホイールの接触面のことです。

フランジ形状はサイズによってB・J・JJの3種類に分類され、現在ではJ・JJがよく使われています。

慶介(けいすけ)
スペーシアカスタムのホイールは幅が4.5インチで直径が14~15インチだから、エコピアのホイールサイズと一致するよ。
隼人(はやと)
ジャストサイズ、ってことだな!

ホイールもタイヤを選ぶときと同じように、現在のホイールと同じサイズを選ぶのが無難ですね。

スペーシアカスタムにおすすめのスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは、雪道を走行するのに適したタイヤのことです。

雪が多い地域にお住まいの方やスキー旅行に行く人には欠かせないタイヤです。

スペーシアカスタムにつけるなら、こんなタイヤ&ホイールセットはいかがですか?

高品質なタイヤをリーズナブルな価格で提供することに定評のある、KENDA(ケンダ)のスタッドレスタイヤです。

タイヤに合わせたホイールをお任せで選んでくれるので、初心者にも安心ですね。

隼人(はやと)
雪の降る地方に行くときに備えて用意しておきたいタイヤだな。

 

まとめ

  • タイヤのサイズは、側面に記載されている。
  • インチアップなどを考えない場合、タイヤもホイールも現在つけているタイヤと同じサイズのものを選ぶのが無難。
  • 一年中使えるサマータイヤを選ぶなら、長く使えるのが魅力のECOPIAのセットがおすすめ!
  • 雪道走行に適したスタッドレスタイヤを選ぶなら、車に合ったホイールをお任せで選んでくれるKENDAのセットがおすすめ!

 

自分の車にぴったりのタイヤを選んで、快適なドライブを楽しんでください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です