スペーシアカスタムのオススメグレードは!?装備の違いとともに徹底解説!!

皆さんこんにちは!

 

最近の軽自動車業界では「軽ハイトワゴン」と言われる車高が高く、室内が広々としている軽自動車が主流となっています。

スズキが販売している「スペーシアシリーズ」も、その軽ハイトワゴンの類に入ります。

 

実際に車を購入するときに、車種やカラーなどまでは決めていても、グレードを選んで下さいと言われ

  • グレードって何?
  • それぞれにどんな特徴があるの?
  • 価格や燃費などはどう違ってくるの?

 

といった疑問がある方は、少なくは無いと思います。

 

そこで今回は、スペーシアカスタムにスポットを当てて、

  • 各グレードにはそれぞれどんな違いがあるのか
  • スペーシアカスタムのオススメのグレードとは

 

といったところを、徹底解説していこうと思います!

 

スペーシアカスタムのグレード

引用:スズキ公式HP

 

スペーシアカスタムってどんな車?

隼人(はやと)
いきなりグレードを紹介する前に、まずはスペーシアカスタムのカンタンな説明をしておこうか!

 

スペーシアカスタムはスズキが販売している軽ハイトワゴンで、名前から分かるとおり「スペーシア」の派生モデルです。

 

用語解説
軽ハイトワゴン

  • 主に車高が高く、地面からステップまでの高さは低く、より室内空間が広く感じられるように設計された軽自動車。
  • ボンネットが前部に設計されていて、エンジンもそこに配置されていることが多い。

 

主な違いとして、

  • 角に丸みを持たせたかわいらしいイメージのスペーシアと違い、スペーシアカスタムはよりスタイリッシュでスポーティーなモデルとなっている。
  • カラーバリエーションなどに高級感のある暗めの配色が揃っている。
  • 室内も黒を基調とした、シックなデザインに仕上がっている。

 

といったことがいえます。

 

引用:スズキ公式HP

引用:スズキ公式HP

 

慶介(けいすけ)
スペーシアカスタムは他のモデルと違って、スポーティーでより街乗りに適したモデルって感じだね♪

 

車選びにおけるグレードとは

 

美緒(みお)
車を選ぶときに、車種を選ぶだけじゃ無くて、その中のグレードも大切だって聞いたことがあるけど、そもそもグレードって何?
隼人(はやと)
グレード【grade】って言うのは「階級」とか「段階」って意味で、車のグレードも、日常生活で目にするグレードと同じだよ。

例えば、レストランなどでみる、「松コース」>「竹コース」>「梅コース」のような感じで、車もグレードによって装備などに違いがあるんだ!

 

車のグレード選びはとても重要で、同じ車種であってもグレードが違うことで、大きな違いがでてきます。

分かりやすい主な違いとしては

  • 価格
  • 燃費
  • 走行性能
  • 安全装備
  • デザインや収納

 

が、グレードによって変わってきます。

 

よくカタログやネットなどで目にする価格や燃費などは、実際にはグレード別でそれぞれ細かく異なっています。

このことから車選びにおいて、興味を持っている車種のグレードをしっかり知ることはとても大切なことだと言えます。

 

慶介(けいすけ)
そうだね。グレードによって価格や燃費が変わるのは知ってる人も多いと思うけど、ランクが上がるにつれて細かい装備や性能が追加されている事は見逃している人もいると思うから、そこは注意してしっかり調べないとね!

 

スペーシアカスタムのグレード

スペーシアカスタムのグレードは3つに分類されていて、ランクの高い順に並べると

  1. ハイブリッドXSターボ
  2. ハイブリッドXS
  3. ハイブリッドGS

 

となっていて、ハイブリッドXSターボが最も高級なグレードとなっています。

 

スペーシアカスタムのグレード別の違い

引用:スズキ公式HP

 

スペーシアカスタムは、ベースモデルとなっている「スペーシア」の装備が基本的にどのグレードにも採用されてます。

そこからGS→XS→XSターボとグレードが上がってくるにつれ、便利な機能や装備が追加されていくといった感じになっています。

 

隼人(はやと)
ここからは、スペーシアカスタムのグレード別の違いを解説していくよ!

 

ハイブリッドGS

引用:スズキ公式HP

 

ハイブリッドGSはスペーシアカスタムの各グレードの基本となっていて、最も安い価格設定になっています。

ベースとなっているスペーシアの標準装備との違いは、「ワンアクションパワースライドドア」と「カラーバリエーション」の追加となっています。

 

・価格 ・燃費

 

価格 燃費
2WD 1,606,000円 28.2km/L
4WD 1,729,200円 26.4km/L

参考:スズキ公式HP

 

補足
  • 記事中の価格はスズキ公式サイトに記載されている税込み価格です。また、購入するときには選択したカラーなどにより、料金が高くなる場合もあるようです。
  • 記事中の燃費は、スズキ公式サイトに載っている国土交通省の定めた試験条件の下で求められた数値です。実際の燃費は、使用者の使用環境や、運転方法により異なります

 

追加装備

 

  • 後席左側ワンアクショスライドドア

引用:スズキ公式HP

 

後席左側のスライドドアがパワースライドに変更されたことにより、車の乗り降りが楽になりました

 

スペーシアカスタムには「低床フロア設計」がほどこされていて、地面から車のステップまでの高さが低いのも相まって、更に利便性が高まったと言えるでしょう!

 

  • カラーバリエーション

引用:スズキ公式HP

 

ハイブリッドGSのカラーバリエーションは、スペーシアカスタムならではの高級感のある暗めの配色となっており、計8色から選択することができます。

 

隼人(はやと)
ハイブリッドGSはスペーシアカスタム全体のベースとなっているグレードだね! 燃費性能も軽ハイトワゴン全体としては、とても良い方だと思うよ♪

 

慶介(けいすけ)
ハイブリッドGSの主なオススメポイントとしては、やはり他グレードと比較したときに最も安価で、購入しやすい所かなぁ。

 

ハイブリッドXS

ハイブリッドXSでは、上述したハイブリッドGSの性能に加え、

  • 細かな装備や意匠の変更
  • カラーパッケージの追加

などがなされ、より高級感のあるグレードとなっております。

 

・価格 ・燃費

 

価格 燃費
2WD 1,721,500円 28.2km/L
4WD 1,844,700円 26.4km/L

参考:スズキ公式HP

 

追加装備

 

  • 後席右側ワンアクションスライドドア

引用:スズキ公式HP

 

ハイブリッドGSでは左側だけだった席の自動ドアが、右側にも標準装備され、後席の乗り降りがさらにスムーズに行えるようになりました。

 

  • カラーパッケージの追加

引用:スズキ公式HP

 

ハイブリッドXSでは、ハイブリッドGSまではカラーを単色8色から選択できたのに対し、既存の4色に黒を織り交ぜた、「2トーンルーフ」のパッケージが追加され、カラーバリエーションが計12色から選択できるようになりました。

 

  • 後席パーソナルテーブル

引用:スズキ公式HP

 

左右のフロントシートのシートバックには、「パーソナルテーブル」が配置されました。

ドリンクホルダーや、お買い物袋を下げるのに便利なフックがついているので、後部座席での空間の利便性が更に高まりました。

 

慶介(けいすけ)
ハイブリッドXSでは、サイドドアが左右とも自動ドアになって、2トーンルーフパッケージが追加されたことにより、より乗り心地がよく、よりオシャレにのることができるようになったね!

 

美緒(みお)
2トーンカラーの車は街でもよく見かけるし、ハイブリッドGSより値段は高くなっちゃうけど、燃費性能は変わってないし、私はより便利な機能が追加されているハイブリッドXSの方に目が惹かれるわね♪

 

隼人(はやと)
そうだね! スペーシアカスタムの中ではハイブリッドXSは、遠出するのにも、普段の生活で乗るのにも機能が充実してるし、マルチに活躍できるオススメのグレードだよ!

 

ハイブリッドXSターボ

 

ハイブリッドXSターボは、スペーシアカスタムの最上グレードです。

 

ハイブリッドXSの装備に加え、走行性能の面で機能が追加され、より運転をするのがラクになるような機能や、楽しく走ることができるような機能が追加されました。

 

・価格 ・燃費

 

価格 燃費
2WD 1,820,500円 25.6km/L
4WD 1,943,700円 24km/L

参考:スズキ公式HP

 

追加装備

  • パドルシフト

引用:スズキ公式HP

 

パドルシフトは、ハンドルに搭載されているスイッチで操作することのできる機能です。

 

具体的にどんな機能かというと、7速マニュアルモードという設定に切り替えることで、ハンドルのスイッチで1速から7速まで変速することができ、よりスピード感のあるスポーティーな走りができるようになりました。

 

よく、ドライブする方や遠出をする方には便利な機能となっております。

 

  • クルーズコントロールシステム

引用:スズキ公式HP

 

クルーズコントロールシステムとは、走行中にハンドルについているスイッチを押すことで、設定した速度を自動的にキープしてくれる機能です。

 

これにより、運転者はクルーズコントロールをしている間、アクセルを踏み続ける必要が無いため、運転の負担が軽減されます。

 

  • 動画紹介

ハイブリッドXSターボで紹介した「パドルシフト」と、「クルーズコントロールシステム」は、記事中での説明ではイメージしにくいと思いますので、実際に運転して、活用している方の動画の紹介をしておきます。

 

 

↑この動画の方が乗っている車はスペーシアカスタムではありませんが、同じ軽ハイトワゴンでの「パドルシフト」を実際に運転しながら解説されています。

 

 

↑この動画は、「クルーズコントロール」の使用法を、運転席からの視点とペダルの視点を映しながら、実際に運転しながら使用されている動画となっています。

 

美緒(みお)
なんだかスゴイ便利な機能が追加されているのは分かるんだけど、ターボってついてるだけあって燃費も少し落ちてるし、値段も結構上がっちゃってるから、私はやっぱりハイブリッドXSの方がいいわね。。。

 

隼人(はやと)
ハイブリッドXSターボは、運転好きな人にはオススメのグレードって感じだね!

車を選ぶときには、それぞれの条件に適していて、必要な装備や備わっていると便利な装備が充実しているグレードを選ぶと良いよ!

その中で気をつけなきゃいけないのは、いくらグレードの高い車を選んでも、備わっている装備をちゃんと使いこなせなかったら無駄になっちゃうから、きちんと調べて自分に適したグレードを見極めることが重要かな!

 

まとめ

  • 車は車種を選ぶだけで無く、グレードによってどんな機能やデザインが追加されているか調べることが重要
  • グレードによって値段や燃費、走行性能や装備などが変わってくる
  • 実際に選ぶ際にはグレードによって、必要な装備が充実していて、かつ無駄なく使いこなせるようなグレードを選ぶのが良い
  • スペーシアカスタムでは、街乗りや仕事での用途だと、「ハイブリッドXS」がオススメ♪

 

車の購入には車種を選ぶだけでなく、その中のグレードをきちんと調べる事により、実際に乗ったときの燃費や、購入時の費用なども変わってきます。

スペーシアカスタムではシンプルでお手頃なものから、より走行の性能をあげ、ドライブ好きな方にオススメなグレードまで揃っていましたね。

今、軽自動車界の主流になっている軽ハイトワゴンですが、車の購入を考えている方は是非! スペーシアカスタムも候補に入れてみてはいかがでしょうか♪

最後までお読み頂きありがとうございました♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です