スペーシアのタイヤ交換方法は?替え時と気になる費用も紹介!!

こんにちは!車を運転していて、タイヤ削れてきたなとか最近空気圧見てないな…とか安全に運転し続けるためにはタイヤの健康状態も気にしないといけないですよね。

けど具体的に何を見ればいいの?とかいつが替え時?など、命に関わる部分だからこそ素人の自分が見て大丈夫かな…と思いますよね。

今回はそんな不安を解消できるように、スペーシアにあったタイヤの紹介からタイヤ交換のタイミング、交換できる場所を説明します。

 

スペーシアのタイヤについて

美緒(みお)
タイヤ交換って大事なのはわかるけど、そもそもタイヤのこともよくわからないんだよね
慶介(けいすけ)
タイヤは道路と接地する唯一の部分、とても大事だから確認しようか

タイヤは道路と接地する唯一のパーツで、車体を支えるだけでなく走る、曲がる、止まるなど運転に対して重要な働きをします。

また、人も靴のサイズがそれぞれ異なるように、車体によってもタイヤのサイズが決まっています。以下にスペーシアの純正タイヤとホイールのサイズを紹介します(HYBRID X、HYBRID G共通)。

  • 14インチフルホイールキャップ
  • 155/65R14 75S タイヤ
美緒(みお)
155/65R14 75S??? なんの意味?

美緒と同じように、タイヤに書いてある数字を並べられてもわからない方も多いと思います。ここで簡単にタイヤに記載される数字の意味を確認しましょう!

引用:DUNLOP公式

これらの情報はタイヤのサイドにも記載されていて、いわばタイヤの履歴書みたいなものです。簡単に意味を説明すると、

a タイヤ幅:タイヤの横幅
b 扁平率:タイヤ幅に対するタイヤ断面の高さの比率=タイヤの厚み
c ラジアル:タイヤの構造
d リム径:ホイールサイズ
e ロードインデックス:タイヤ一本が耐えられる最大荷重(純正タイヤは75なので、387KGまで耐えられます)
g 速度記号:タイヤが走行に耐えられる最高速度(純正タイヤはSなので、180km/hが最高速度です)

自分が新しいタイヤを買うときにサイズを尋ねられたらa〜dまでの情報を伝えて、最適なものを選びましょう。

美緒(みお)
タイヤの横にも書いてあるなら、確認忘れて買いに行っても安心だね

 

タイヤ交換のタイミング

美緒(みお)
タイヤについてはわかったけど、適切なタイミングで変えたいよねー
慶介(けいすけ)
ここではタイヤ交換のサインを確認しようか

タイヤ交換のタイミング=安全に走行ができなくなったときになります。車は楽しくなおかつ安全に楽しまなければですので、ここでしっかり覚えておきましょう。

タイヤにも寿命がある!?

美緒(みお)
タイヤの寿命?生き物みたい

タイヤも生き物みたいなもの、古いタイヤはゴムの劣化が進んでしまい本来の性能が発揮できません。ヒビが入るなどわかりやすい劣化もありますが、長時間太陽光を浴びて紫外線で傷んでしまったり、車に重たい荷物を乗せっぱなしにしてタイヤに負荷がかかるなど目に見えない劣化が進んでいることがあります。

美緒(みお)
じゃあ、いつ変えればいいの?目安とかあるのかな?

一般的にタイヤ消費期限は製造から4〜5年と言われています。スタットレスタイヤだとゴムが柔らかく、きちんとした性能を発揮するためには3年程度とも言われています。メーカーによっては5年以上経過してからは日常点検をしっかりして、どんなに長くても10年以上たったら見た目に問題なくても交換することを推奨しているようです。

では実際自分のタイヤがいつ製造したものか気になりますよね?そう思ったらタイヤの側面を確認してください。メーカーによって表記は異なりますが、製造情報が記載されています。

引用:ブリジストン公式

美緒(みお)
ふむふむタイヤも生き物なんだね。一度自分のタイヤを見てみよう♫

寿命だけじゃない!?いっぱい走ったら交換を考えよう

美緒(みお)
いっぱい走ったら交換。それはそうよね、目安はあるのかな?

タイヤの溝の残量が交換の判断材料になります。タイヤの溝が1.6mm以下となるとスリップサインと呼ばれる印が見えるようになります。また、この1.6mmは道路交通法にも規定されており、これを下回った状態で走行していると道路交通法違反となってしまいます。

美緒(みお)
道路交通法違反!?ますますタイヤの交換時期には気をつけないとね

 

タイヤ交換はどこでできる?

美緒(みお)
タイヤ交換の重要性はよく分かったわ。あとはどこでできるかだね
慶介(けいすけ)
そうだね。道具と技術があれば自分でもできるけどまずは専門の人にお願いしよう

タイヤ交換は自分で行う以外には下記のような場所で行うことができます。

  • ディーラー
  • タイヤ専門店・カー用品店
  • ガソリンスタンド
美緒(みお)
意外といっぱいある。ガソリンスタンドでできるならお手軽ね

ここで各店舗のメリットデメリットを確認しましょう。

メリット デメリット
ディーラー 各車にあったタイヤが用意されている
メーカー専属のエンジニアが対応してくれ、サービスの質はピカイチ
タイヤ代・工賃が高く、コストは一番かかる
タイヤ専門店・
カー用品店
タイヤの種類が豊富で安く売っていることが多い
工賃が安い
作業の質が店舗によって異なる
ガソリンスタンド 利用しやすい
工賃が安い
タイヤの品揃えが少ない
(そもそも置いていないこともある)

サービス・品揃えだとディーラー > タイヤ専門店・カー用品店 > ガソリンスタンド
コストはガソリンスタンド ≧ タイヤ専門店・カー用品店 > ディーラーとなります。

気になるタイヤ交換の相場ですが、料金はタイヤ1本あたりの工賃で表示されるのが一般的です。以下におおよその相場を示します。ただしこちらの工賃は店舗でタイヤを購入した場合のため、タイヤを持ち込みして交換する場合はもう少し割高になると考えた方がいいでしょう。

  • ガソリンスタンドの工賃の相場:1,000円〜
  • タイヤ専門店・カー用品店の工賃の相場:1,000円〜
  • ディーラーの工賃の相場:1,500円~2,000円程度

 

まとめ

  • タイヤのサイズは車によって決まっているので、今履いているタイヤのサイズを確認しよう
  • タイヤにも寿命あり!ヒビ割れ等がなくても定期的に交換しましょう
  • タイヤの溝が1.6mm以下になったら交換のサイン!
  • 交換できる場所は大きく3箇所。メリットデメリットの確認を忘れずに

いかがでしたか?タイヤの健康に気を配ることは、安心した運転につながり自らだけでなく同乗者の命も守ることにつながります。日頃からタイヤの状態を確認して楽しいドライビングライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です