スペーシアギアは車中泊に向いてる!?アウトドア性能と車中泊について徹底解析!!

皆さんこんにちは!

 

この記事ではタイトルから分かるとおり、スズキが販売している軽ハイトワゴン「スペーシアギア」が車中泊に適しているかの解説をやっていきます。

 

  • スペーシアギアのアウトドア性能は高いの?
  • 実際に車中泊するとどんな感じ?

 

といった方達に向けてわかりやすく解説していきます。 この記事を読んで、他のスペーシアシリーズより特化した、スペーシアギアのSUV性能の理解を深めてもらえば幸いです♪

 

先に記事を総じて結論を述べておくと、アウトドアにおけるスペーシアギアの性能や装備は高く車中泊にも適した車です。普段のアウトドアシーンをより楽しくすることが可能になると思います!

 

スペーシアギアのアウトドア性能

引用:スズキ公式HP

隼人(はやと)
ここではスペーシアギアのアウトドア性能について説明していくけど、その前にスペーシアギアについてカンタンに説明しておこう!!

 

スズキが販売している軽自動車の「スペーシアギア」は名前から分かるとおり、「スペーシア」の派生モデルで、現在の軽自動車界の主流である軽ハイトワゴンの意匠が施されているスペーシアに、さらにSUVの要素を取り入れたモデルとなっています。

 

慶介(けいすけ)
細かい用語の解説も載せておきましょう!! 解説はあくまでわかりやすく、内容を噛み砕いてやっているので、具体的な定義など気になったら実際に調べてみて下さい!!
用語解説
・軽ハイトワゴン・・・簡単に言うと、ミニバンの軽自動車版。車高が高くて室内が広々しており、ボンネットが前にあるのが特徴。

・SUV・・・訳すとスポーツ多目的車の意。一般的には装備やデザインなどがスポーティーなものや、アウトドア性能の高い車種、荷室を広く確保できるような車種を指して言われることが多い。

 

隼人(はやと)
それじゃあ本題のアウトドア性能について見ていきましょうか!!

 

外装に施された装備

スペーシアギアの外装は、いかにも「外で遊ぶのが大好き!!」と言った印象で、ヘッドライトには同社のハスラーやジムニーと同じ丸目が採用されており、頑強なイメージのあるバンパーや、サイドにある「バックドアガーニッシュ」などは、SUVデザインとしての魅力に感じる人が多いのでは無いでしょうか。

 

引用:スズキ公式HP

 

アウトドアの観点から見ると、天井部分にレールルーフが標準装備されており、ルーフボックスやキャリアなどを装備することができ、キャンプやサーフィンなどのシーンでとても便利です。

 

引用:スズキ公式HP

 

デザイン性の高い内装と細かな収納

スペーシアギアの内装で一際目を引くのは、やはりインパネ部分のデザインだと思います。まるでガレージを彷彿とさせるデザインで、DIY等がお好きな方などは乗るだけで楽しくなってきそうですね!

 

引用:スズキ公式HP

 

ダッシュボードにあたる「インパネアッパーボックス」は、まるで職人さんの工具箱のような印象を受けますね。スイッチで開閉する収納部分と、引き出し部分、さらに引き出し式のドリンクホルダーまでが備わっています。

 

慶介(けいすけ)
インパクトがあるインパネで、収納にも余念が無いね!ダッシュボードには大事な物からちょっとした小物まで収納することが多いから、引き出しまで備わっていると、分けて収納することもできるしね♪

 

シートには全席撥水加工が施されており、濡れたりしてもサッと拭き取ることでシミなどの汚れを防ぐことができます。

 

フロントシートの後ろにはそれぞれ運転席側にドリンクホルダー付きのテーブル、助手席側には2段のシートポケットがついていて、後部座席に乗ったときの小物の収納スペースも確保されています。

 

また、リアシートは左右とも独立式のシートスライドでとても可動域が広く、前に空間をつくって、足を伸ばして広々と座ることもできますし、荷室側に空間を広げ、荷物の収納面積を広くすることもできます。

引用:スズキ公式HP

 

美緒(みお)
アウトドアシーンでの突然の雨や、子どもが乗っていて飲み物をこぼしちゃったときでも、撥水加工なら安心だわ。 後部座席の快適さも言うこと無しよね♪

 

大容量で積み荷もスムーズに行えるラゲッジ

引用:スズキ公式HP

スペーシアギアのラゲッジ(荷室、トランク)では、大きく開くバックドアのおかげで、荷積みもスムーズに行うことができます。また、シートの移動をうまく使うことによって、積み込める量も調節できます。リアシートは、ラゲッジ部分からレバーで調節することができるので、わざわざ前に行く必要が無くストレスフリーで荷積みを行えますね。

 

 

また、ラゲッジ部分は防汚加工が施されており、汚れてしまったときの工夫が施されているのもポイントの1つです!  下の写真のスズキ公式サイトの画像ではシートの移動をうまく使って自転車やサーフボードまでも収納できていますね♪

 

引用:スズキ公式HP

 

慶介(けいすけ)
規模にもよると思うけど、少人数でのキャンプとか、サイクリングならこれだけ広ければ、あまり困らないんじゃないかなぁ~ 天井にはルーフボックスなどの装備もできるようにルーフレールもあるしね!

 

 

実際に車中泊するとどんな感じ?

引用:スズキ公式HP

上の画像のように実際に車中泊するにはシートをスライドして、フルフラットの状態にする必要があります。やり方については、動画を貼り付けておきます。

この動画では、スペーシアギアを実際に車中泊して使っている方が、実況付きで解説しているので、ぜひご覧になってみて下さい!

 

 

美緒(みお)
でもなんだかシートを移動して、前のシートと後ろのシートをくっつけて寝床をつくるなんて、難しそうだしめんどくさそうだわ、、

 

といったように、シートをフルフラットにして寝床をつくるのがめんどくさいと思う方もいるかと思いますが、一度やり方を覚えてしまえば割とカンタンで、あとは慣れるだけです!

フルフラットの状態にするのは寝るとき位だと思うので、早めに慣れてしまえば、車中泊で楽しむアウトドア生活をより良いものにしていけると思います!

 

 

さて、記事をごらんになっている方で気になっている方もいると思いますが、スペーシアギアで車中泊する際の人数についてですが、写真や動画からも見て取れるように最大でも「大人2人に子ども1人」が、車中泊する人数の限界かなぁ、といった感じです。

オススメとしては1人~2人くらいのほうが、ゆとりをもって寝られるように感じます。

 

 

ちなみに人数に関しては、あくまでも所見であるため、一概には言い切れません。もちろん乗る人の体型や年齢にも起因すると思うので、独自のアイデアやアイテムを使って、車中泊をより快適に過ごすための創意工夫こそが車中泊において肝要だと思います!

 

慶介(けいすけ)
より快適に過ごす為には、車も大事だけど自分なりに考えて必要なアイテムなどを揃えていくことが大事って事だな!

 

 

まとめ

  • スペーシアギアはSUVデザインでアウトドアに便利な装備が備わっている
  • シートをフルフラットにすることで車中泊することが可能
  • 車中泊を快適にするには自分に合わせた工夫が大事

 

スペーシアギアは、他モデルのスペーシアに比べてSUVデザインが施されていて、アウトドア向きの装備も充実しています

車中泊をしたい方は、アウトドアや一人旅などの目的の方が多いと思いますが、近年では、軽自動車をDIYして、「軽キャンピングカー」通称・軽キャンに改造する人も増えてますね!

車は交通手段だけで無く、趣味の手助けをする”場所”としての使い方もあります。皆さんも家族や友人や恋人、あるいは1人で車中泊キャンプや旅を計画してみてはいかがでしょうか♪

そのときのお供には、ぜひスズキのスペーシアギアをオススメします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です