スペーシアギアの燃費は悪い!?真相と燃費向上テクニックについて徹底解説!!

みなさんこんにちは!

 

皆さんは車を購入するとき、どんなことに気をつけて購入していますか?

見た目や機能性など、人によって吟味する要素は多くあると思いますが、どんな方でもやはり【燃費】は、購入を左右する大きな要素の1つになってくると思います!

 

そこで今回はスズキ「スペーシアギア」の燃費についてフューチャーして

 

  • スペーシアギアの燃費はいいの?
  • 燃費を向上させるにはどうしたらいいの?

 

と言ったところを、徹底解説していきたいと思います!!

 

スペーシアギアってどんな車?

引用:スズキ公式HP

隼人(はやと)
こんにちは! この記事ではスペーシアギアの燃費について解説していくよ!でもその前にスペーシアギアについてカンタンに説明しておこうか!

 

スペーシアギアはスズキが販売している「スペーシア」の派生モデルで、従来のスペーシアに、SUVの要素を取り入れた軽ハイトワゴンとなっております。軽ハイトワゴンとは車高が高い軽自動車を指して言われます。

 

 

主に、外装や内装の部分で、スポーツやアウトドア向けのデザインや収納が多く備わっており、室内も広く、またシートの移動などをうまく使うことによって収納も多く確保できるので、家族や数人でのキャンプや旅などの目的で乗るには適した車となっております。

 

引用:スズキ公式HP

 

SUVとは、スポーツ多目的車のことです。最近ではその言葉の意味が多様化しており、主に

  • スポーティーな場面・アウトドアなどに適している。
  • 町乗りにも使える。

などの2つの特徴を持つものを指すことが多いように感じます。

 

 

慶介(けいすけ)
最近では”SUV”って売り込みの車が増えているけど、なんだか具体的な定義なんかはわかりにくくなっているよね!笑 スペーシアギアの場合はSUVの要素を取り入れているって事だから、感覚的に「他のスペーシアより、少しアウトドア向きなんだなぁ~」くらいで考えるほうが分かりやすいと思うよ♪

 

 

また、スペーシアギアのグレードには「ハイブリッドXZ」「ハイブリッドXZターボ」があり、燃費性能についても関わってくるので、用語解説を載せておきます。

 

引用:スズキ公式HP

 

用語解説
・ハイブリッドXZ・・・スズキのマイルドハイブリッドシステムを取り入れている。モーター機能付き発電機で減速するときのエネルギーを貯めて、加速するときにそのエネルギーを利用して、加速時のエンジンの働きをアシストすることにより、燃費を向上させる事ができる。

・ハイブリッドXZターボ・・・上記のマイルドハイブリッドシステムにターボを加える事により、より力強い走りをすることが可能になったグレード。しかし「ハイブリッドXZ」に比べて燃費は劣る。

 

 

スペーシアギアの燃費ってどんな感じ?

引用:スズキ公式HP

隼人(はやと)
それじゃあ実際にスペーシアギアの燃費を解説していこう! スペーシアシリーズや他車種との対比も交えて実際の燃費を数値で考えてみよう!
慶介(けいすけ)
その前に、カタログ燃費と実燃費についてカンタンに説明しておこう!

 

 

用語解説
・カタログ燃費・・・販売会社がメディアや店頭、そしてカタログなどで公表している燃費。これはおもに、国土交通省が定めた試験条件で運転したときのもの。

・実燃費・・・口コミサイトなどで、その車に実際に乗っている人達から得た情報を元に、その平均を割り出した燃費。

 

車の燃費において重要なのは、もちろん車の燃費性能も重要ですが、実際に乗っている人の使用環境や、運転時の動作などにも起因します。なので実燃費が必ずしも正確という訳でもありません

 

 

数値だけでは無く、実際には購入して初めて分かってくる部分もあると思います。なので購入前には試乗体験などして、実際の使用感など確かめておくことがオススメです。

 

 

それでは、スペーシアギアの燃費について見ていきましょう!!

 

カタログ燃費 実燃費
スペーシア 30km/L 18.38km/L
スペーシアカスタム 28.2km/L 17.11km/L
スペーシアギア 28.2km/L 17.6km/L

参考:スズキ公式HP・みんカラ

 

 

スペーシアシリーズのカタログ燃費と実燃費については、上記の通りとなっています。スペーシアギアは、スペーシアには劣るものの軽ハイトワゴンの燃費性能としては中々悪くないものだと思います。

 

 

なお今回のカタログ記事に記載されている燃費については、全て2WDの駆動方式のものを記載しています。実燃費については口コミサイトからの引用となっています。

 

この記事では、他モデルと他車種の発売している一般的なグレードとの比較と、スペーシアギアの燃費を向上させるにはどうすればいいのか?を主として書いているので、他モデルや他車種の別グレードの燃費について気になった方は、実際に口コミサイトなどに言って調べてみてはいかがでしょうか!

 

慶介(けいすけ)
次は他車種との比較をやっていこう!

 

カタログ燃費 実燃費
ハスラー(スズキ) 32km/L 18.94km/L
タント(ダイハツ) 27.2km/L 14.23km/L
N-BOX(ホンダ) 27km/L 15.49km/L

参考:各販売会社の公式HP(リンクは表に記載)・みんカラ

 

美緒(みお)
あら、他車種との比較で見てみると同社のハスラーには見劣りするけど、総じて見てみるとスペーシアギアって割と燃費はいい方じゃ無いかしら♪
隼人(はやと)
そうだね! 今はやりの軽ハイトワゴンの中ではよく走る方なんじゃ無いかな!しかもSUVデザインも施されていてアウトドア向きだし、遠出するのにも向いてるんじゃ無いかなぁ!

 

 

↓スペーシアギアに関する動画を載せておきます。↓

※視聴環境が用意できない方の為に概要を説明しておくと、撮影者の方が、スズキのディーラーでスペーシアギアの外装・内装の装備説明や、実際にスペーシアギアに試乗して、その使用感や感想などを話されています。燃費についても話されているので、気になった方は視聴してみてはいかがでしょうか♪

 

 

燃費を向上させるためには?

美緒(みお)
燃費についてはよく分かったけど、乗っていて燃費を抑える工夫なんかも教えて欲しいわ,,, 実際車に乗っていると、燃費が良いのか悪いのか分からないときってあるもの。
慶介(けいすけ)
それもそうだね! それじゃあこのテーマでは車に乗っているときに実際に燃費を向上させるテクニックについて説明していこう!

 

前のテーマでも記述したとおり、車の燃費は、気象や交通状況などの環境による消費や、急発進や車に搭載された装備の使用による消費などにより、実際のカタログ燃費よりガソリンを大きく消費してしまいます。

 

これは車の所有者の工夫により、燃費を向上させる事ができる部分です。具体的にこの記事では大きく2つのオススメテクニックを紹介します。

 

1,運転時におけるポイント

車の運転で燃費を減らすテクニックについてはカンタンに言えば、基本の安全運転をしっかりすること。車に負担をかけないことが重要です。具体的には、

 

  • 急発進、急ブレーキなどによるガソリンの消費を減らす。
  • できるだけ渋滞のなどは避け、車のアイドリング時間を少なくするように心がける。
  • 走行時にはエンジンブレーキを多用し、前行車がいるときや、停車ポイントがあるときなどに意識的にブレーキをあまり使わない走行を心がける。

 

といった、普段からできる意識的な心がけで、燃費を向上させる事が可能です。

引用:スズキ公式HP

 

2,使用環境におけるポイント

車の使用環境におけるポイントは、知っている人や実践している人も多くいると思いますが、昔からよく言われている簡単なことです。

 

  • エアコンなどの車内装備は必要な場合のみ使用し、無駄な消費を防ぐ。
  • 車の積み荷を軽くして運転することを心がける。
  • こまめなメンテナンスを怠らない。

 

特にメンテナンスは、普段からマメにやっておくと、燃費の向上だけで無く、安全性や車自体の寿命の改善にも関わってくるので、きちんと整備して安全で楽しい交通を心がけることが重要です。

 

美緒(みお)
丁寧な運転を心がけて、こまめに整備してあげることが、燃費の向上につながってくる訳ね♪

 

まとめ

  • スペーシアギアの燃費は、同タイプの他モデルや他車種と比較しても、悪い方では無い。
  • 燃費を向上させるには、車の性能だけで無く、乗る人の運転の心がけや、整備も必要。
  • こまめに整備することにより、燃費だけで無く、安全性や車の寿命もアップする。

 

スペーシアギアは、今はやりの軽ハイトワゴンの中では、燃費は良い方と言えるでしょう。SUVのデザインや装備が施されていて、アウトドア向きの車なので遠出するのにも適していますね。

また、燃費を向上させるには、運転時に丁寧で、ブレーキやアイドリングを抑えるなどの工夫した運転をすることにより、ガソリンの消費を抑えることができます。

車の購入にはやはり、燃費の心配がついてきますが、乗ってみないと分からない部分もあると思います。

まずはお近くのディーラーに足を運んでみて試乗体験をし、実際の使用感をつかんでみたり、店員さんとのお話の中で、燃費について詳しく聞いてみてはいかがでしょう♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です