スペーシアギアの内装はどんな感じ!?内装デザインと収納性能を徹底解析!!

みなさんこんにちは!!

この記事では、スズキの「スペーシアギア」の内装と収納スペースの紹介と、解説・考察までを、車のことをあんまり知らない方にも分かりやすく説明して行きたいと思います!

    • スペーシアギアの内装はどうなっているの?
    • 収納の容量は?大きい荷物等はおさまるの?

と思っている方でも、この記事を読んでスペーシアギアへの理解を深めてもらえれば幸いです。

最初に述べておくと、スペーシアギアはアウトドア好きの方、車中泊をよくする方にはオススメの車となっています♪

 

スペーシアギアってどんな車?

引用:スズキ公式HP

慶介(けいすけ)
ここではスペーシアギアがどんな車なのか、あまり知らない人のために、簡単な解説をしていこうと思います!

 

スペーシアギアは、名前から分かるとおり「スペーシア」の派生モデルで、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽自動車」をコンセプトに開発されました。

外見的な特徴として、丸みをおびたかわいらしいデザインが特徴的だったスペーシアに、よりSUVの要素を取り入れた印象です。

 

スペーシアギアの外装の特徴
ボンネットやフェンダー等はスペーシアシリーズと同じになっていますが、ヘッドライトの部分では、ジムニーやハスラーと同じ丸目を採用していたり、ボディサイドにはガンメタの「サイドドアガーニッシュ」が取り入れられていたり、さらに、天井部分にはルーフレールが装着されており、ラック等がセットされやすいように配慮されています。

 

スペーシアとどこが違うのか分かりやすく言えば、より、ソロキャンプやサイクリングなどアウトドアで車中泊をする人向けに派生したモデルだなぁという印象を受けました。もちろんアウトドア好きの家族に向けての機能も充実していると思うので、そういった方にもオススメの車です♪

引用:スズキ公式HP

慶介(けいすけ)
ちなみにSUVって何?って思った人のために解説しておくと、SUVってのはSports Utility Vehicle (スポーツユーティリティービーグル)の略で、「スポーツ多目的車」って意味なんだ! まぁ最近では、アウトドアや町で乗る用途の人が増えたから、「多目的な用途で使える車」がSUVの車だ!って、覚えておくといいと思うよ♪
隼人(はやと)
よし! それじゃあ本題の内装について解説していこうか!

 

スペーシアギアの内装と収納はどうなっている?

引用:スズキ公式HP

美緒(みお)
ここでは実際に、スペーシアギアの内装とそこに備わっている収納装備を紹介していくわ♪

 

スペーシアギアでは内装もよりSUVの仕様になっており、機能性が確立されています。また、最近の軽自動車で人気の軽ハイトワゴンなので、キャビンが高く、乗っていて感覚的にも実用的にも空間が広く感じられるのもポイントだと思います。

 

インパネ

アッパーボックス

スペーシアギアの助手席のダッシュボードにあたる部分はとても特徴的で、ガレージを彷彿させる、ガンメタのアッパーボックスが備わっています。

中を開くと、引き出し式のドリンクホルダーや、小物入れが備わっています。ここなんかも本当にSUV仕様を意識したデザインと機能性でアウトドア好きの方や、DIYがお好きな方には堪らない装備なのでは無いかと思います。

引用:スズキ公式HP

 

ハンドル周り

メーターは他の車と比較しても個性溢れるデザインで、視認性も良く一目で運転時の状況確認が行えます。

ハンドルは、本革のステアリングホイールが標準装備されており、滑りにくく、吸湿性に優れており、運転手の手になじむこと間違い無しです!

引用:スズキ公式HP

慶介(けいすけ)
なんだかインパネの装備はデザイン姓も機能性も高くて、乗っているだけで楽しくなってきそうだな!!

 

シート

引用:スズキ公式HP

スペーシアギアのシートはハニカムグリッド柄でオレンジのステッチがアクセントになっており、とてもおしゃれです。

シートには全席撥水加工が施されており、マリンスポーツや川へ遊びに行ったとき、シートが濡れてしまってもサッと拭き取れて染みない頼もしい作りになっています。

美緒(みお)
車のイメージにあわせたオレンジのステッチがかわいいわね♪ それに撥水加工で、子どもが乗ったときにお水をこぼしちゃったりしたときでも、拭き取りやすくなっていて助かるわ♪

後部座席のシートは前後の位置を別々で調節できる独立型のシートスライドとなっており、用途に合わせて、ラゲッジ部分の収納スペースを確保したり、前の座席との間にスペースをつくり、足を伸ばして広々と座る事も可能となっております。

また、運転席のシートバックには、「シートバックテーブル」が備わっており、飲み物等をおいたりすることができます。助手席のシートバックには、ポケットが2段備え付けられており、小物などの収納に便利です♪

引用:スズキ公式HP

さらに、「アウトドアにいったときに車中泊をしたい!」といった方でもシートを倒してフルフラットの状態にすれば、広々と寝泊まりできる空間にアレンジすることも簡単です♪

引用:スズキ公式HP

隼人(はやと)
これなら手軽にキャンプに行きたいときでも、家族3人くらいなら広々と乗れるし、車中泊してもぐっすり眠れそうだなぁ~ ソロキャンプ好きの人とかだとさらに十分なスペースもあるし、幅広い層の人が利用できると思うな♪

 

ラゲッジ

スペーシアギアのラゲッジは、バックドアが大きく、車高が高く設定されているので、大きな荷物でもスムーズに積み込むことができます。防汚加工も施されているので汚れたりしても、拭き取るだけでお手入れの手間も軽減されます。

また、他のスペーシアシリーズと同様に、ラゲッジ側からレバーを引くことで、後部座席の前後を調節することが可能になっており、荷物を積み込む際にわざわざ後部座席のほうに行かなくてもよいので、荷積みをストレスフリーで行えます。

引用:スズキ公式HP

美緒(みお)
これだけ広ければ、サイクリング好きの人でも自転車くらいなら余裕で乗せることができそうね♪
慶介(けいすけ)
アウトドアだけじゃ無くて、ショッピングセンターなどで大量に買い物したときでも時間をかけずに積み込むことができそうだね。

 

スペーシアギアの内覧動画はこちら↓

 

まとめ

  • スペーシアギアの内装は他モデルのスペーシアに比べSUVの仕様になっている
  • 収納はシートを移動することにより荷物を多く積むことが可能になっている

今回はスペーシアギアの内装と収納について紹介しました。

スペーシアギアは他モデルのスペーシアとは違い、SUVの要素が多く盛り込まれていて、アウトドア好きの方にオススメの装備が多く備わっていましたね。また、普段から利用する際にも、シートの移動を利用して大容量の収納を確保したりと行った便利な用途もあります。

そんな、見た目も中身も兼ね備えたスペーシアギアは、多く層の方に向けてオススメしたい車です。車の購入を考えている方は是非、スズキのスペーシアギアも候補の1つに入れてみてはどうでしょうか。

それでは、最後まで記事を読んで頂き、誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です